和歌山の観光名所「友ヶ島」は天空の城ラピュタの世界観!?

詳細アクセス知っとこ!
友ヶ島第3砲台跡

第3砲台跡

まるでラピュタのようだと話題の友ヶ島をご存じでしょうか!和歌山県にある無人島の友ヶ島は地ノ島、神島、沖ノ島、虎島を総称して呼ばれ、昔から修験道で有名な島でした。

友ヶ島では海水浴やキャンプが楽しめ、他には第二次世界大戦終了まで使われていた砲台や弾薬庫の廃墟化したものが残り、島内をハイキングでき、多くの観光客が訪れています。
今回は和歌山県の友ヶ島についてご紹介しましょう。

友ヶ島の歴史とは

友ヶ島

友ヶ島は第二次世界大戦の終戦まで要塞施設として一般人の立ち入りは一切禁止され、地形図からは抹消された島でした。明治時代に外国艦隊の大阪湾への進入を防ぐ目的で、沖ノ島内5箇所と虎島に砲台や防備衛所が造られましたが、戦争が終わると撤去され砲台跡や要塞跡が残されました。

近年はこの要塞跡がジブリの 「天空の城ラピュタ」 の世界観に近いことから観光客が駆けつけている急上昇の観光スポットです!幻想的な世界観から映画やテレビのロケのなどに使われています!

和歌山市加太の友ヶ島汽船から約20~30分で到着です。島内は3.3㎞の名所ハイキングコースがあり約二時間のコースです。

第2砲台跡

友ヶ島第2砲台跡

第2砲台跡

第2砲台跡は終戦時に爆破処分され、ボロボロな状態になっています。

友ヶ島第2砲台跡

第2砲台跡

友ヶ島灯台

友ヶ島灯台

友ヶ島灯台

日本で8番目に竣工した西洋式灯台で、現在も稼働中だそうです。

展望台

友ヶ島 展望台

展望台

展望台からは広大な海の美しさを感じられます!

探照灯跡

友ヶ島 探照灯跡

探照灯跡

こちらもそのまま残っており、独特の雰囲気が感じられますね!

第3砲台跡

友ヶ島第3砲台跡

第3砲台跡

この第3砲台跡は映画や雑誌などに取り上げられる友ヶ島で一番有名なところ。別世界に来たかのような気分になります!

友ヶ島第3砲台跡

第3砲台跡

もちろん中にも入ることができ、迷路みたいになっています!大人から子供たちまで大はしゃぎです!

友ヶ島のフェリーは休日になるととても混むので早めに行くことをおすすめします! 電車で来られる方は南海加太駅から友が島汽船まで徒歩15分です。
ぜひマナーを守って、「天空の城ラピュタ」といわれる島で探検してみてください!

駐車場 有料あり
お問い合わせ 友が島汽船 073-459-1333
フェリー所要時間 約20分
フェリー料金 大人 往復2,000円 小人 往復1,000円
3/1~11/30(火曜水曜運休) 加太港発 9時、11時、13時、16時 友ヶ島発 9時半、11時半、13時半、16時半
4/28~5/6 、7/20~8/31(火曜水曜も運航) 加太港発 9時、10時、11時、13時、15時、16時 友ヶ島発 9時半、10時半、11時半、13時半、15時半、16時半
12月1日~2月末日(土曜日曜祝日のみ) 加太港発 10時、15時 友ヶ島発 10時半、15時半

実は島に宿泊出来る!!

友ヶ島 海の家

海の家

この島ではいくつか宿泊施設があり、海の家では無人島「友が島」に宿泊ことが出来ます。自然の中で過ごせ、釣りや海水浴、など楽しめます。特に夜になるときれいな星がご覧になれます!一泊二食付きで大人10,000円です。

友が島に伝わる神話とは

昔、2~3世紀に生きていた神功皇后が女性でありながら朝鮮半島を攻め、降伏させたという三韓征伐という話があります。 その帰り道で激しい嵐に出会い、沈みそうになる船の中で神に祈りを捧げると「船の苫を海に投げ、その流れのままに船を進めよ」とお告げがあり、その通りにすると、無事に島にたどり着きました。

そこは、大己貴命と少彦名命が祀られていた友が島でした。二神に助けられたと感謝して持ち帰った三韓征伐の宝物を二神に奉納しそうです。

大己貴命とは初めて国を造って治めた神様です。その国造りを支えたのがもう一人の祭神の少彦名命です。

これらの神が祀られていたのが友ヶ島の神島といわれています。

その後、これらのいきさつをお聞きになった神功皇后の孫にあたる仁徳天皇が不便な島ではなく二神を加太に移し、社殿を建てたのが、淡嶋神社です。

淡嶋神社は友が島汽船から徒歩5分のところにあり、約二万体の人形が置かれるちょっと変わった神社です。ぜひ一緒に訪れてみては!

淡島神社の詳細はこちらから