和歌山の桜の名所「紀三井寺」は見どころ満載のお寺

詳細アクセス知っとこ!

和歌山市の有名観光スポット「紀三井寺」の見どころとは!?

和歌山県和歌山市の観光名所「紀三井寺」は西国三十三所第2番札所であり、約500本の桜の木が植えらています。

本堂前に標本木のソメイヨシノがあることから、本州に春の到来を告げる関西一の早咲き桜の名所として、日本さくら名所100選にも選ばれ、春には多くの観光客が訪れます。

紀三井寺には桜だけでなく、素敵なエピソードがある 「結縁坂」 や名水百選に選定されている 「三井水」 や和歌の浦が一望できる 「展望台」 もあります!

今回は桜の名所の紀三井寺についてご紹介しましょう!

日本最大の千手観音と和歌の浦が一望できる展望台

紀三井寺 新仏殿

新仏殿

3階まである巨大な建物の新仏殿です。

紀三井寺 観音菩薩様

大千手十一面観音菩薩様

内部には木造・寄木の立像仏としては日本最大級の「大千手十一面観世音菩薩像」が安置かれています。この観音菩薩は紀三井寺の起こりと関係しています。

紀三井寺は770年に日本の諸国を巡って仏法を広めていた唐僧の「為光上人」によって開基されました。為光上人がこの地に訪れた際に名草山山頂あたりから光が発せられているのを見つけて行ってみると、金色の千手観音の尊像をご感得になりました。

この地こそ観音慈悲の霊場と思った為光上人は自ら十一面観世音菩薩像を一刀三札のもとに刻み、安置したことが紀三井寺の始まりです。

この金色の千手観音の尊像をご感得になったという言い伝えから金箔の「大千手十一面観世音菩薩像」が造られました!

紀三井寺 観音菩薩様

大千手十一面観音菩薩様

こちらは観世音菩薩の一部として触ることができ、パワーをもらうことができます。

紀三井寺 展望台

展望台

新仏殿の三階にある展望台まで上がると和歌の浦の絶景が一望できます!天気が良い時は淡路島や四国も見えるそうです!

しゃもじの形をした祈願杓子

紀三井寺 本堂

本堂

本堂のご本尊「十一面観世音菩薩様」は、厄除・開運・良縁成就・安産・子授けにご利益があるそうです。
その本堂の中に祈願杓子があります。願い事を書いたしゃもじを大杓に三回打ちつけて奉納するユニークなものです!

お身代りびんずるさん

紀三井寺

昭和59年の時、少年の失火による本堂焼失の危機の際に身代わりとなり焼身されましたと伝わっています。
心身の痛む部位とびんずるさんの同じ部分を交互に撫でると効果があるそうです。

重要文化財の多宝塔

紀三井寺多宝塔

多宝塔

重要文化財の多宝塔は室町時代に作られたもので、桜の時期には鮮やかな朱色と桜がご覧になれます!

運試しのしあわせ地蔵

紀三井寺しあわせ地蔵

しあわせ地蔵

しあわせ地蔵はお賽銭を投げて大吉・吉・中吉・小吉と運勢を占う変わった地蔵です。子供から大人まで盛り上がれるのでぜひトライしてみては!

紀三井寺の名前の由来になった「三井水」

紀三井寺は実は正式名称ではありません!

正式名称は「紀三井山金剛宝寺護国院(きみいさんこんごうほうじごこくいん)」という寺名です。

紀三井寺の名前の由来には日本名水百選に選ばれている 三井水「清浄水・楊柳水・吉祥水」 の三つの霊泉が境内にあり、『紀州にある三つの井戸があるお寺』ということで紀三井寺と呼ばれ始めたいわれています。三井水は開基以来、絶えることなく湧き出しています。

紀三井寺清浄水

清浄水

清浄水は為光上人が紀三井寺開創の頃に前に突然現れた美女が、身を投じて龍に化身したと伝えられるミステリアスな水です。

紀三井寺楊柳水

楊柳水

楊柳水は病から救う霊泉といわれています。

紀三井寺 吉祥水

吉祥水

吉祥水は楼門から歩いて5分ぐらいのところにある霊泉です。吉祥天女の内証より湧き出たと伝えられています。

営業時間 8:00~17:00
入場料 200円
駐車場 3時間300円

商売繁盛や良縁成就のご利益がある「結縁坂」

紀三井寺 結縁坂

結縁坂

紀三井寺の楼門をくぐると、結縁坂と呼ばれる231段の急な石段が現れます。「結縁坂」は運命の出会いの場所として伝わっています。

江戸時代のある日、紀ノ国屋文左衛門という青年が母を背負って紀三井寺の坂を登っていました。 すると、草履の鼻緒が切れてしまい、困っていた文左衛門に玉津島神社の宮司の娘「おかよ」が通りかかり、鼻緒をすげ替えてくれました。これがきっかけとなって、文左衛門とおかよの間に恋が芽生え、二人は結ばれました。

後に、文左衛門は宮司の出資金のおかげでみかん船を仕立て、蜜柑と材木を江戸へ送って大もうけをして豪商になりました。 この坂は文左衛門の結婚と出世のきっかけとなったことから 「結縁坂」 と呼ばれるようになったそうです。

結縁坂は急でしんどいですが、もしかしたら運命の出会いがおこるかもしれませんね!

美女の神社と言われる玉津島神社の詳細はこちらから