琵琶湖のパワースポット「竹生島」は神の棲む島だった!?

詳細アクセス知っとこ!

神秘的な島パワースポット竹生島とは?

Chikubushima enkei-2 by Wikimedia

琵琶湖の北部に位置する周囲2km竹生島は、安芸の厳島神社、天川村の天河大弁財天社と並ぶ「日本三大弁財天のひとつ」と称されています。

琵琶湖国定公園特別保護地区、国の名勝および史跡に指定されており、 竹生島神社と竹生島宝厳寺があるだけの無人島です!

竹生島はパワースポットとしても知られ、島全体が神秘的な空気に包まれています。

見るところがたくさんある竹生島の魅力!

竹生島 フェリー

竹生島は今津港か長浜港からフェリーが出ているので2、30分乗って到着です。

竹生島

古来、ここは信仰の対象となった島で、 神の棲む島 とも言われおり、島に着くとその独特な雰囲気を感じることが出来ます。

竹生島宝厳寺

竹生島宝厳寺は西国三十三箇所観音霊場の30番にもあたり、本尊は弁財天さまが祀られています。
宝厳寺では弁天様の幸せ願いダルマに願い事を書いて奉納すると願い事が叶うと言われています。

竹生島宝厳寺

こちらは宝厳寺三重塔。江戸時代初期に落雷にあい約350年ぶりに復元されたそうです。

竹生島

こちらは竹生島竜神拝所鳥居でかわらけ投げが行えます。小さな白いお皿に願い事書き、皿を投げて鳥居の中をくぐれば願い事がかなうと言われています。

意外と難しいので、くぐれば幸運がまわってきてるかもしれませんね!

1.弁財天って何?

弁財天はインドのヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー神がもとになっています。サラスヴァティー神は水池の意味があります。

なので、泉、島、港湾の入り口などに、数多く祀られました。弁天島や弁天池など地名として残っていることもあります。

また、サラスヴァティー神は芸術、学問などの知を司るヒンドゥー教の女神でもあり、流れる川が転じて、流れるもの全て(言葉・弁舌や知識、音楽など)の女神となったそうです。

日本三大弁財天「天河神社」とは

天河神社は多くの芸能人が訪れる芸の守護神の神社です!しかし、それだけじゃありません!実はとても不思議なパワースポットなんです! 天河神社の詳細はこちらから