三重まで続く!?滋賀「河内の風穴」は夏にお勧めの避暑観光地!

詳細アクセス

夏は「河内の風穴」で涼しく洞窟冒険をしてみませんか!

河内の風穴

夏に暑い日が続くとツライですよね。そんな時、涼しくなれる観光地に行ってみるのも、猛暑を回避する方法の一つです! そこでおすすめなのが滋賀県多賀町の「河内の風穴(かわちのふうけつ)」です!河内の風穴は夏にぴったりの避暑観光地!

河内の風穴には県道17号をまっすぐ進んでゆきます。案内看板が出ているので駐車場まで分かりやすい!

河内の風穴

駐車場から河内の風穴の入り口までは山道を約10分程度登ってゆきます。 道中は透き通った美しい渓流が流れています。川の水は夏でもとても冷たく感じます!

河内の風穴

入り口につくとまず感じるのはとても冷たい冷風です。エアコンのような涼しい風が吹き流れているのでとても気持ち良いです。

洞内の気温は1年を通して平均11度に保たれており、暑い夏を避けるのにぴったりです!
また冬では洞内の気温が暖かく感じます!少し寒いかもしれませんので一枚上着を持っていくのもイイかもしれません。

河内の風穴

高さ1mの狭い入り口を入って降りていくとオレンジ色に照らされた洞窟内の姿が!この巨大な空間は神秘的で美しい!

河内の風穴

この巨大な空間を横目に眺めながら上へと昇っていきます。

河内の風穴

河内の風穴の奥を進んで行くと、立入禁止する看板が現れます。

河内の風穴は長さが約7500mの近畿地方最大規模の鍾乳洞で、国内4位の長さです。ですが一般公開されているのは入口から200m程の範囲です。

それより奥は許可を得た者しか立ち入れません。この先には水深10mもある青の水路という美しく青い地底湖が確認されていますが、河内の風穴の全容はいまだ解明されていないそうです。

言い伝えでは地元の村人が洞内に犬を放すと、鈴鹿山脈の向こう側の三重県篠立風穴に現れたとの伝説が残っています。もしかしたらここは本当に滋賀と三重がつながっているかもしれないロマンのある鍾乳洞ですね。

年間を通して温度が変わらない「河内の風穴」。夏は避暑観光地として涼しく、冬も暖かい!休日はいつもと違った涼しみ方をしてみてもいいんじゃないでしょうか!

営業時間 公開時間(通年)9:00~16:00 公開時間(夏期)8:00~18:00
入場料 大人 500円(中学生以上) 小人 400円(5歳以上)
駐車場 2時間400円