名物のお百度参り!「石切劔箭神社」はがん封じのパワースポット

詳細マップ知っとこ!

年間100万人が訪れる石切劔箭神社とは

石切劔箭神社

大阪市に位置する石切劔箭神社(いしきりつるぎや)は年間およそ100万人が訪れる観光名所です!

大阪の人々から「石切さん」「デンボの神様」と呼ばれています。

デンボとは腫れ物のことで、病気平癒にご利益のある神社として知られています。特にがんに対してもご利益があるそうで、ガンに悩みを抱えた人々が多く訪れています!

石切劔箭神社では、名物の 『お百度参り』 が有名です!

参拝客が本殿と鳥居前の「お百度石」を100回往復する珍しい光景が特徴的!

病気平癒を願い、『お百度参り』を行う観光客が絶えません!

今回は病気平癒にご利益ありの大阪のパワースポット「石切劔箭神社」についてご紹介いたします!

石切劔箭神社の始まり

石切劔箭神社は創建から2000年以上も続く由緒正しい神社で、御祭神には饒速日尊と息子の可美真手命が祀られています。

饒速日尊は高天原の住んでいた神様でしたが、天照大神から大和建国を命じられ、 『十種神宝』をもって降臨して大和を平定した神様 です。

大和建国の際に立ちはだかったのが、大和の地で勢力を拡大し、首長を長髄彦とする鳥見一族です。長髄彦は饒速日尊の高い技術の稲作や織物、鉄製の道具・武具の数々を見せられ、徳の高さに打たれて、一族挙って従うことに決めました。饒速日尊は、この時に長髄彦の妹の登美夜毘売と結婚し、生まれたのが可美真手命です。

饒速日尊の高い技術によって大和の地は発展して豊かになりましたが、大和を平定しようと別の人物がこの地を襲いかかかります。

その人物が初代神武天皇です。

神武天皇も天照大神の子孫で、そのことがわかった可美真手命は鳥見の一族共々神武天皇に仕えることにしました。 この時、可美真手命は亡くなっていた饒速日尊から一族の首長を引き継いでいました。そして、可美真手命一族は物部氏となって天皇に仕えるようになりました。

神武天皇が大和を平定して天皇に即位した翌年、可美真手命が 生駒山の宮山に饒速日尊を祀った のが石切劔箭神社の始まりです。

その場所は、現在の石切神社奥の院に位置する「石切劔箭神社上之社」です。そして第10代崇神天皇の時代の時に石切劔箭神社本社に可美真手命が祀られ、二神が祭神となったのです。

なぜ石切劔箭神社は病気平癒にご利益があるの?

石切劔箭神社

石切劔箭神社には、全国から病気平癒を願って多くの参拝客がやってきます。特に 「がん封じ」 のご利益を求めて多くの人々が訪れています。

なぜこんなにも病気平癒に関する信仰が深いのでしょうか!それは御祭神の饒速日尊が持っていた 『十種神宝』 が関係しています!

降臨の際に饒速日尊が持っていたのが『十種神宝』です。病人を救い、死者を蘇らせるほどの霊力があったそうです。

石切劔箭神社は十種神宝にちなんで病気平癒のご利益があるとして「デンボの神様」と呼ばれるようになりました。

「デンボ」とは関西弁で「腫れ物」のことを指し、石切劔箭神社の祭祀を務める穂積氏に代々伝わる禁断の秘法「伝法(でんぽう)」が由来だそうです。

腫れ物の最高級といえば、体の中にできる「ガン」なので、「がん封じ」のご利益があるとして多くのガンに悩みを持つ人々に信仰されているのです!

お百度参り

石切劔箭神社

石切劔箭神社の名物といえば 『お百度参り』 です!

多くの人が、お百度参りを目的に全国から訪れます。

特にお百度参りは「がん」の治癒を願ってがん患者本人だけでなく親族なども参加しています!

本殿と鳥居前の「お百度石」を願いを唱えながら100回往復するとご利益がもらえるそうです。なので、連日のように多くの観光客がお百度参りを行っています。100回の数を数えやすいように「お百度紐」という紐の束を握って、数を数えます。

お百度参りは百回に限らず、自分で決めた回数で良いとされています。お百度参りのご利益は、がん以外にも様々な願いに効果があるので、やってみても良いでしょう!

穂積神霊社

穂積神霊社

穂積神霊社

複数の鳥居の先にあるのが穂積神霊社です。病魔災難除け、学問向上の神様として篤く崇敬されているそう。

穂積神霊社

社内では三つの異なった石が置かれています。触るとご利益があるかも。

祈りの亀

祈り亀

祈り亀

授与所でカメをいただいて、お腹に願い事を書いた紙を入れて、神霊池に放すことで代わりに願いをこのカメが祈り続けてくれます。とっても可愛いので、ぜひ、願いを託してみてください。

馬の銅像

イシキリツルギヤ号

イシキリツルギヤ号

「イシキリツルギヤ号」という牝馬の元競走馬。石切劔箭神社の熱心な崇敬者であった馬のオーナーが、引退後、神馬として奉納したそうです。近くに神馬の厩舎があり、現在も本物の馬が飼育され、神様の乗り物として祭りごとに姿を現します!

石切参道商店街

石切参道商店街

石切劔箭神社はこの町一帯に深く根付いて、商店街までもが個性あふれた場所となっています。

人々に愛される石切劔箭神社は一度行ってみる価値ありです!

駐車場 あり

石切劔箭神社上之社も行ってみよう

石切劔箭神社上之社は、饒速日尊を祀った石切劔箭神社の始まりの地です!

現在の本社は第10代崇神天皇の時代の時に建てられたので、上之社の方が歴史が長いです!

本社から石切劔箭神社上之社までは急な上り坂が続きます。

石切大仏

石切大仏

その途中にあるのが「石切大仏」日本で3番目に大きな大仏として「日本三大仏」を名乗っている大仏だそうです。
石切劔箭神社上之社

石切劔箭神社上之社

上之宮は饒速日尊が祀られた場所。とても静寂で、観光客もあまり訪れていません。

御礼池

御礼池

この御礼池は、本社にある「祈り亀」に託した願いが叶った際、ここに「お礼亀」を置いてお礼参りをするそうです。

石切劔箭神社上之社

こちらでもお百度参りをすることが出来ます。賑わっている本宮とは違って、上之宮は静寂の雰囲気に包まれています。

本宮とは違った石切神社を楽しむのもイイかもしれませんね。