日本最初の世界遺産!奈良観光「法隆寺」の七不思議とは

詳細アクセス

日本最初の世界遺産「法隆寺」

法隆寺

奈良県生駒郡斑鳩町にある法隆寺は別名は斑鳩寺とも呼ばれ、飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古の木造建築として広く知られています。

聖徳太子によって創建された寺院であり、聖徳太子建立七大寺の一つに数えられています。

1400年に及ぶ長い歴史がある法隆寺は1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」として日本で初めてユネスコの 世界遺産 に登録され、日本だけではなく世界からも知られている寺院なのです!

法隆寺の始まり

法隆寺の始まりはよくわかっていないそうです。

601年に聖徳太子が住んでいた宮殿の近くに建てられたのが法隆寺であるとされています。他には607年に聖徳太子が父・用明天皇のために創建したという説もあります。

しかし、法隆寺は670年に落雷がもとで起きた火災で焼失したとされています。現在残っている金堂や五重塔などはその後に再建されたものです。

法隆寺の西院伽藍は焼失してから1300年の歴史があり、現存する世界最古の木造建築物群であることから世界遺産に登録されました。

五重塔

法隆寺 まず西院伽藍で目に入るのがこの五重塔です。高さ約31.5メートルもあり、日本最古の五重塔です!

金堂

法隆寺

五重塔の横にあるのが法隆寺の金堂です。法隆寺の本尊、薬師如来を中心とする釈迦三尊像が安置されています。

天井には天人と鳳凰が飛び交う天蓋が吊るされ、周囲の壁面には世界的に有名な仏画が描かれています。

南大門

法隆寺

法隆寺の顔といえば1438に再建された南大門です。もともと南大門は僧侶間の対立で焼失したそうです。

夢殿

法隆寺

法隆寺の夢殿は601年に造営された斑鳩宮跡に、行信僧都という高僧が聖徳太子を偲んで739年に建てた伽藍(上宮王院)の中心に当たる建物であるとされています。

聖徳太子等身と伝える秘仏救世観音を安置されているそうで、聖徳太子を供養するための殿堂なのです。

この殿堂が夢殿と呼ばれるようになったのは、聖徳太子が「法隆寺で瞑想にふけったときに黄金でできた人が現れる夢を見た」という言い伝えに基づいているそう。

法隆寺の七不思議

法隆寺

法隆寺には昔から多くの謎や不思議なことが伝わっています。

・法隆寺の伽藍には蜘蛛が巣を作らず、鳥も糞をかけない

・雨が降っても地面に雨だれの穴があかない

・南大門の前に鯛石と呼ばれる大きな石がある

・五重塔の相輪(天辺の部分)に鎌が四本刺さっている

・因可池の蛙にはすべて片目がない

・夢殿の礼盤の裏が汗をかいている

・法隆寺の中庭に伏蔵が三つある

法隆寺の七不思議は自分の目で確かめることもできます。法隆寺の別の楽しみ方として法隆寺の七不思議を確かめてみるのもいいかもしれませんね。

 
営業時間 午前8時~午後5時(2/22~11/3) 午前8時~午後4時半(11/4~2/21)
拝観料 1,500円
休日 なし