「葛城坐一言主神社」は一言だけ願いを叶えるパワースポット

詳細アクセス

願い事を一言だけ叶えてくれる「葛城坐一言主神社」

葛城坐一言主神社

言霊を司る神様「一言主大神」を祀る葛城坐一言主神社は、願い事を一言だけ聞いてくれる「一言(いちごん)」さんとして親しまれています。

葛城坐一言主神社

主祭神の一言主大神は「古事記」や「日本書紀」にも出てくるほど有名な神様。そして第21代雄略天皇もここで祭神として祀られています。

二人の出会いの始まりは雄略天皇が葛城山に狩をしていた時です。

ある日、雄略天皇は同じ服装をした集団に出会いました。雄略天皇は「王である私どもと同じ格好ではないか。大和の国の王は私だけだ。その名を名乗れ!」と問うと、「吾は悪事も一言、善事も一言、言離の神、葛城の一言主の大神なり」と答えました。
一言主大神と知った雄略天皇は服と武器を差し出し、一言主が受け取ると山の麓までお送りしたそうです。

これが葛城山に一言主が現れたエピソードで、神社のある場所あたりは、一言主大神が顕現した場所だといわれています。

この話は葛城氏と天皇家の和解とみる説があります。

一言主大神は葛城氏の氏神で、葛城氏は天皇の外戚になって権力もっていました。雄略天皇はこの葛城氏の首長を殺して天皇に即位します。その後、葛城氏はほかの有力豪族にとってかわられたことから和解とみる説が生まれたと考えられています。

土蜘蛛伝説

蜘蛛塚

葛城坐一言主神社では土蜘蛛という小さな塚が置かれています。

土蜘蛛とは大和朝廷に反逆する単一勢力の名のことです。 日本各地に土蜘蛛は存在したそうで、中でも奈良県の葛城山にいた土蜘蛛は特に有名です。

初代神武天皇が大和を平定しようとした神武東征という神話の中で、神武天皇に抗する葛城山にいた土蜘蛛を捕まえて頭、胴、足と別々に埋めた跡が葛城坐一言主神社の土蜘蛛塚といわれています。

蜘蛛塚

その後、土蜘蛛は武将・源頼光の土蜘蛛退治物語を描いた絵巻『土蜘蛛草紙』によって広く知られるようになりました。

安産祈願!乳銀杏

乳銀杏

乳銀杏とは樹齢1,200年のイチョウの木のことで、祈願すると健康な子供を授かり、お乳が良く出るとして「乳イチョウ」「宿り木」と呼ばれているそうです。

至福の像

至福の像

至福の像はボケ除けの神様としてたたずんでいます

なで蛙

なで蛙

可愛らしいカエルの石像。なでるとイイことがありそうですね。

願い事を一言、叶えてくれるという葛城坐一言主神社。言葉の神様である一言主ならきっとあなたの願いも一つだけ叶えてくれるでしょう!

駐車場 無料有