獅子舞がおみくじを引いてくれる!?京都「錦天満宮」

詳細マップ

商店街の中にある神社「錦天満宮」とは

錦天満宮

京都河原町からすぐそばにある錦市場は「京の台所」として多くの観光客や地元市民に愛されている商店街です。 その商店街の一角ある神社が錦天満宮です。

錦天満宮

平安時代に建てられ、本堂には学問の神の菅原道真がお祀りされています。

もともとは菅原道真の父親の旧邸「菅原院」を歓喜寺に寺名を改称し、移築して鎮守社として道真を祀って創建されたのがはじまりです。その後、豊臣秀吉の都市計画によって現在地に移転し「錦天満宮」と呼ばれるようになりました。

神様の使いの「牛」

錦天満宮 牛

錦天満宮に入ると牛の像が出迎えてくれます。牛は神様の使いとして大切にされ、牛の像は菅原道真が祀られる天満宮ではよく見られます。しかし、菅原道真と牛の関係がはっきりとは分からず様々な諸説があります。「丑年に誕生した」とか「左遷され大宰府へ下られる際に牛に乗っていた」とか「牛が刺客から道真を守った」とが色んな伝承があります。

この牛の像は頭をなでると頭が良くなるそうです。

からくりおみくじ

錦天満宮 からくりおみくじ

からくりおみくじ

錦天満宮のメインは獅子舞がおみくじを引いてくれる「からくりおみくじ」です!

錦天満宮 からくりおみくじ

からくりおみくじ

獅子舞がおみくじをとってくれるなんて新鮮ですね!

錦天満宮の宮司さんが「からくりおみくじ」を制作され、一号と二号の二体あります。 総合みくじ・和英文みくじ・和英文花みくじ・恋みくじ・こどもみくじ・よろこびみくじの6種類の色々なバリエーションのおみくじが楽しめます!

京の名水「錦の水」

錦天満宮 錦の水

錦の水

 

この錦の水は地中から湧き出る良質な名水です。京の名水として市民から親しまれ、持って帰る人もいるそう。

縁結びのお守り「なかよし守り」

境内では「なかよし守り」という可愛いで評判のお守りがあります。ピンクとブルーの色をしたリボンの形のお守りで恋愛成就などの人間関係の縁に効果があるそうです!

京都の中心街にある神社なのでぜひついでに寄ってみては!!

営業時間 8~20時
拝観料 無料