縁結び!天橋立「真名井神社」の神様の水と知られる聖水とは

詳細マップ知っとこ!
真名井神社

日本三景「天橋立」にある元伊勢籠神社は日本屈指のパワースポットと知られています!

その少し離れたところに、籠神社の奥宮にあたる真名井神社(眞名井神社)があります。真名井神社は「不純な気持ちでの参拝はお控えください」といわれるほど 神聖なパワースポット です。

それはかつて天照大御神が祀られていたから!

今回は最大級の聖地「真名井神社」についてご紹介いたします!

真名井神社の始まり。

現在、真名井神社は籠神社の奥宮として鎮座していますが、古代には「匏宮(よさのみや)」とよばれた本宮でした!つまり、籠神社ではなく奥宮の真名井神社の方に天照大御神が祀られていたのです!

真名井神社の創祀は神話「天孫降臨」の話までさかのぼります。

地上の世界を支配するようにアマテラスから命を受けた孫の邇邇芸命(ニニギ)が天上界から日向の高千穂に天降ったことを「天孫降臨」といいます。この時、ニニギはアマテラスの籠った神鏡を持って天降り、後の皇室の祖となります。

一方、この丹後の地では邇邇芸命(ニニギ)の兄である彦火明命(ひこほあかりのみこと)が豊受大神の籠った神鏡を持って天降ったという言い伝えがあります。

この彦火明命が豊受大神を創祀し、子の天香語山命が「匏宮(よさのみや)」を創建したのが真名井神社の始まりです。

そのため、真名井神社の主祭神は豊受大神なのです。

アマテラスが祀られた真名井神社

なぜ、天照大神(アマテラス)が真名井神社に祀られていたのでしょうか?

天照大神は第10代崇神天皇の時代に豊鋤入姫命(トヨスキイリヒメ)によって4年間、真名井神社の前身である「匏宮」に祀られ、その時に「匏宮」は「吉佐宮」と改称されます。

もともと天照大神は天皇がいる宮中でお祀りされていたのですが、共に祀られていた倭大國魂神と相性が悪くなったのが原因で、命を受けた皇女の豊鋤入姫命が皇居の外にお祀りしたのが始まりです。

そして天照大神は伊勢神宮に鎮座する前に相応しい土地を求めて各地を巡幸したため、一時的に立ち寄った場所を元伊勢と呼ばれています。この真名井神社も天照大神が一時的に立ち寄った場所のひとつのため、「元伊勢」と称されています!

その後、天照大神は十一代垂仁天皇の御代に、豊受大神は二十一代雄略天皇の御代に「吉佐宮」から「伊勢神宮」にお遷りになると「吉佐宮」の宮名が「籠宮」と改められ、現在の籠神社の地に遷って彦火明命を主祭神として祀ったのが「元伊勢籠神社」の始まりです!

一方、元あった「吉佐宮」は「真名井社」と名付けられ、その後「社」は「神社」と呼ばれるようになったのが現在の「真名井神社」なのです。

元伊勢と呼ばれる場所は全国に20数か所あるのですが、真名井神社のある籠神社は数ある元伊勢のなかで一番の格式を誇る神社です。

それは真名井神社の前身である「吉佐宮」が日本神話において神聖な場所であるからです。全国において天照大御神と豊受大神が一緒にお祀りされていたのは籠神社つまり「吉佐宮」と「伊勢神宮」の二か所しかありません。

そのため天照大御神と豊受大神いた「真名井神社」は神聖なパワースポットとして格式を誇っているのです!

真名井神社の主祭神「豊受大神」とは?

真名井神社の主祭神は伊勢外宮と同体の食べ物を司る神様「豊受大神」です。豊受大神は、古代、丹波地方で丹後の総氏神・最高神として稲作農耕の祖神ともいわれていました。

豊受大神は伊邪那美命(イザナミ)の御子神である和久産巣日神(わくむすびのかみ)の娘です。

ちなみに、イザナミは夫のイザナギとともに日本列島を造った「国造りの神様」です。天橋立はイザナギが真名井神社の磐座に祀られていたイザナミのもとに会いにいくための天から架けられた『大きな梯子(はしご)』だったそうです。しかし、イザナギが寝ている間に梯子が倒れ、それが天橋立と伝わっています。豊受大神は「国造り神様イザナミ」の孫というわけです。

豊受大神は彦火明命に祀られて以来、ずっと吉佐宮で祀られていたのですが、第二十一代雄略天皇の時代に伊勢神宮外宮に移されます。それはかつて一緒に祀られていた天照大神が雄略天皇の夢の中に現れて「自分一人では寂しく、美味しいご飯を作ってくれる豊受大神を伊勢につれてきてほしい」とお告げをしたんだとか。豊受大神は相当な料理上手な女神だったようですね。

実はすごいパワースポット「天の眞名井の水」

真名井神社

真名井神社境内には「天の眞名井の水」という御霊水が湧き出ています。この御霊水は神様の水として有名です!彦火明命の孫である天村雲命が天上に昇って神の世界「高天原」で神々が使われる「天の真名井の水」を黄金の鉢に入れ、地上に持ち降り、その御霊水を真名井神社に遷し、豊受大神をお祀りする「神饌の水」としたのが起源だそうです。
「天の眞名井の水」は ご利益や縁結びの力 があり、多くの芸能人が訪れているそうです。

真名井神社

御霊水はこちらのほうで持ち帰れます!

真名井神社

真名井神社はとても神聖な場所のため現在は本殿が撮影禁止となっていますが、他にも神様が使っていた巨大な岩のくぼみがある「産たらい」やアマテラスの両親のイザナギ・イザナミも祀られています。

ぜひパワースポットの真名井神社に行ってみては!

天橋立観光三大パワースポットとは

今回は真名井神社についてご紹介しましたが、真名井神社と一緒に訪れてほしい観光名所の神社があります!それは元伊勢籠神社と天橋立神社です。この3つの神社を巡れば、ご利益が倍増したり人生を変えるようなチャンスを得られるそうです! ぜひ天橋立観光に訪れた際には三か所めぐってみてはどうですか!

天橋立神社の詳細はこちらから 元伊勢籠神社の詳細はこちらから

真名井神社とユダヤ

旧約聖書はユダヤ教の聖典でキリスト教、イスラム教でも重要視されています。内容は神がこの世をどのように作ったかという話や古代の人々の歴史が書いてある「歴史物語」です。

この旧約聖書の物語の一つに、イスラエルの民が飢えた時、天から降ってきた聖なる食べ物のおかげで人々は救われるという話があります。 この時、天から降ってきた聖なる食べ物をヘブライ語でマナと呼ばれています。真名井神社の「真名(マナ)」はこの聖なる食べ物「マナ」を指していると言われ、ユダヤとの関係があるとかないとか。ミリテリーですね!