天橋立にある「元伊勢籠神社」は日本屈指のパワースポット!

詳細マップ知っとこ!
元伊勢籠神社

京都府宮津市に位置する天橋立は、日本三景のひとつとして有名な観光スポットです。

天橋立は籠神社の参道として発祥しました!

籠神社は日本屈指のパワースポットと知られ、お伊勢さんのふるさとや元伊勢とも言われます。
今回は格式の高い天橋立の観光名所「元伊勢籠神社」についてご紹介いたします!

元伊勢籠神社

元伊勢とはいったい何?

現在、日本の最高神である天照大神(アマテラスオオミカミ)のご神体があるのは伊勢神宮ですが、アマテラスが伊勢神宮に鎮座する前に鎮まるべき地を探したといわれています。アマテラスが伊勢神宮に鎮座する前に一時期に立ち寄った場所を 元伊勢 といいます!

もともとアマテラスは奈良の宮中でお祀りされていましたが、共に祀られていた倭大國魂神と相性が悪くなって日本国中に疫病が大流行したことから、すぐさま皇居の外にアマテラスを移されたのが始まりです。

そして、鎮座するのにふさわしい土地を求めて各地を巡幸し、最終的に現在の伊勢の場所に祀られることになったのです。

ちなみに、アマテラスは神様であるので代わりに豊鋤入姫命という皇女が御杖代となってアマテラスを祀り、伝えたいことがある時はアマテラスが豊鋤入姫命の夢の中に現れてお告げをしたそうです。

最初は笠縫邑という場所、二番目に丹波国の吉佐宮(よさのみや)を訪れます。その吉佐宮というのが籠神社の奥宮にあたる真名井神社です!

籠神社が元伊勢といわれる理由とは

真名井神社の起源はアマテラスの孫である彦火明命(ひこほあかりのみこと)が、食べ物を司る丹後の最高神「豊受大神」をお祀りしたのが始まりで、古代では匏宮(よさのみや)と呼ばれていたそうです。

豊受大神といえば、伊勢神宮外宮でお祀りされている神様ですね!

ふさわしい土地を求めていた天照大神(アマテラス)は匏宮に鎮座して豊受大神と一緒にお祀りされ、後に匏宮は吉佐宮と称されました。アマテラスはこの地で四年間鎮座していたそうで、もしこのまま留まっていたら伊勢神宮は天橋立にあったのかもしれませんね~!

その後、豊受大神より先に天照大神は第十一代垂仁天皇の時代に伊勢へ遷されます。
しかし、天照大神はおいしいご飯が食べたくなったのか「ご飯を作ってくれる豊受大神を伊勢につれてきてほしい」と時の天皇の夢の中に現れて言いました。
よほど豊受大神の料理が美味しかったのでしょうね。

そして豊受大神は第二十一代雄略天皇の時代に伊勢へ遷されたのです。

天照大神と豊受大神がいなくなった吉佐宮は宮名が「吉佐宮」から「籠宮」と改められ、現在の籠神社の地に遷って彦火明命を主祭神として祀ったのが「元伊勢籠神社」の始まりです! 一方、元あった「吉佐宮」は「真名井神社」と呼ばれるようになりました。

元伊勢籠神社の主祭神「彦火明命」とは

突然ですが、「天孫降臨」って知ってますか?

アマテラスは地上の世界を支配するために孫の邇邇芸命(ニニギ)を統治者に任命し、高天原から日向の高千穂に天降ったことを「天孫降臨」といいます。ニニギはアマテラスの籠った神鏡を持って天降り、後の皇室の祖となります。

一方で、もう一つの「天孫降臨」があるとされ、それが彦火明命(ひこほあかりのみこと)とされています。彦火明命は邇邇芸命(ニニギ)の兄であり、豊受大神の籠った神鏡を持って丹後の地に天降りました。

その彦火明命が豊受大神を祀ったのが匏宮で、豊受大神は丹後の最高神・総氏神とされます。 彦火明命は海部家の始祖となり、元伊勢籠神社の宮司家は代々海部氏が世襲制で継承しています。
まだまだ謎の神様で、天照国照彦天火明櫛玉饒速日命(ニギハヤヒ)や賀茂別雷神(かもわけいかづちのかみ)と同神ともされています。

ちなみに天橋立は籠神社の参道として発祥したもので、海部家が権勢の規模を誇っていた一族ということがうかがえます。

彦火明命は家内安全・子孫長福・諸業繁栄・開運厄除・病気平癒のご利益があります。

美しい五色の座玉

Kono-jinja (Miyazu) honden 本殿by Wikimedia

元伊勢籠神社は、二十数社ある元伊勢の中でも随一の社格と由緒を持っています。本殿は唯一神明造と呼ばれる独特の建築様式で、これは伊勢神宮以外には見られない様式です。

写真の本殿には青、黄、赤、白、黒の五色の座玉が据えられています。

五色の座玉は籠神社と伊勢神宮だけに許された貴重なもので、格式の高い神社を表し、伊勢神宮が古代から深い繋がりがあったことを物語っています!

美しい厳かな神秘の光を放っています。

魔除けの石造狛犬

元伊勢籠神社

石造狛犬は、鎌倉時代に造られました。昔、この狛犬が夜になると天橋立に現れて人々を驚かせ困っていました。そのことを聞いた剣豪岩見重太郎が剛刀でその前脚を斬ったと言われています。以来魔除けの狛犬として信仰を集めました。

大和さざれ石

元伊勢籠神社

さざれ石は細かい石が長い年月をかけ一つの石になったものです

浦島太郎のモデルかもしれない倭宿禰命像

倭宿禰命は海部家四代目の祖先で、亀に乗って現れ、初代天皇の神武天皇に貢献したと伝えられています。倭宿禰命像は亀の上に乗っている姿の像になっています。このことから浦島太郎のルーツになったとも言われています。

この丹後の地は浦島伝説が残っており、海部家は若狭湾の航海権を統率する海人族の首長で、航海技術に優れていたそうです。

ちなみに、籠神社の社号は彦火明命が竹で編んだ籠船に乗って龍宮に行ったことが由来だそうです。彦火明命が籠船で行ったのは浦島太郎も訪れた竜宮城だったのかもしれませんね!

アマテラスがいた「元伊勢籠神社」。いろいろ見てみると、日本屈指のパワースポットといわれるのも納得するほど格式の高い神社だと分かっていただけるはず!ぜひ一度訪れてみてください!

営業時間 7~17時
入場料 無料
お問合せ 0772-27-0006
休日 なし
駐車場 あり

天橋立観光三大パワースポットとは

今回は元伊勢籠神社についてご紹介しましたが、元伊勢籠神社と一緒に訪れてほしい観光名所の神社があります!それは籠神社の奥宮の真名井神社と天橋立神社です。この3つの神社を巡ればとご利益が倍増したり人生を変えるようなチャンスを得られるそうです! ぜひ天橋立観光に訪れた際には三か所めぐってみてはどうですか!

真名井神社の詳細はこちらから 天橋立神社の詳細はこちらから

伊勢神宮の初代斎宮は海部家の子孫!

ふさわしい土地を求めて各地を巡幸していた天照大神ですが、途中で御杖代は豊鋤入姫命から倭姫命に引き継ぎます。後を受けた倭姫命は最終的にアマテラスを伊勢神宮に遷して伊勢神宮に御仕えし、初代斎王と呼ばれるようになったそうです。

この倭姫命の母が海部家の直系子孫で、倭姫命は海部家の血を引くそうです。伊勢神宮の創建に海部家がかかわっていたというわけですね。