福知山市「岩戸山」は神が降臨した日本一美しいピラミッド!?

詳細マップ知っとこ!
日室ヶ嶽

「エジプト」といえばほとんどの方が真っ先に思い浮かぶのは『ピラミッド』ではないのでしょうか。

ピラミッドは美しい四角錐の形をした巨大な遺跡で「どのように、何のために造られたのか」がはっきりと分からず、多くの謎が存在し、世界の七不思議の一つです。

ピラミッドは世界各地もに似たような建造物が存在し、日本にもあります!

京都府福知山市大江町の「岩戸山」もピラミッドの一つで、美しい錐形をしていることから 『日本一美しいピラミッド』 と称されています! 岩戸山は神が降臨した山として古くから崇められてきた聖山です。

今回は日本一美しいピラミッド「岩戸山」についてご紹介いたします!

岩戸山とは?

岩戸山は、日室ヶ嶽や城山とも呼ばれ、元伊勢内宮皇大神社の神体山として崇められてきた聖山です。

皇大神社は天照大御神が伊勢神宮に鎮座する前に一時的に祀られていた神社なので「元伊勢」と呼ばれています。

その天照大御神が降臨したとされるのが岩戸山で、頂上付近にはヤマトタケルの叔母である倭姫尊の巨大な磐座があり、さらに縄文時代の祭祀跡も発見されています。

日岩戸山はなんといっても427mの美しいピラミッド型が特徴的で、 『日本一美しいピラミッド』 と称されています! また不思議な山で、多くのUFO目撃情報があるらしいです。

一願成就の遥拝所

日室ヶ嶽

皇大神社から天岩戸神社に向かう参道の途中に岩戸山が良く見える遥拝所があります。

「一願成就」と刻まれた遥拝所は一願さんと呼ばれ、この場所から岩戸山に拝礼すれば、必ず願いが一つだけ成就するそう。

皇大神社

夏至の日は太陽が岩戸山の山頂に沈み込む神秘的な光景が拝めます。

さらに冬至の日には、太陽が伊勢神宮の外宮・内宮、元伊勢内宮皇大神社、岩戸山の上を一直線に登っていくそうです!

夏至の日と冬至の日、天照大御神の降臨地と天照大御神が祀られている伊勢神宮が一直線なるのは不思議ですね!

元伊勢内宮 皇大神社の駐車場 有料あり

日本ピラミッドの条件とは?

なぜ岩戸山がピラミッドとされているのでしょうか?

「日本にピラミッドがある」と広まったのは酒井勝軍という人物が執筆した『太古日本のピラミッド』です。酒井勝軍は自然の山の中に人工的に作られたピラミッドが存在しているとし、日本がピラミッドの発祥国であるとも提唱しています。

酒井勝軍は日本のピラミッドの条件として

1.「自然、人工を問わず三角形の形をした山」
2.「頂上付近に丸い太陽石と環状列石がある」
3.「遥拝するための拝殿がある」

の三つの条件を規定しています。

岩戸山はその三つの条件を満たしていることからピラミッドと推測され、美しい錐形から『日本一美しいピラミッド』と呼ばれているのです!

もしかすると本当に山の中に人工的なピラミッドがあるのかもしれませんね!