紅葉の観光名所!嵯峨野「祇王寺」の苔の庭園の美しさ

詳細アクセス
祇王寺

嵯峨野にひっそりとたたずむ「祇王寺」を知っていますか。苔の庭園の名所として、一面に美しい苔を楽しめます!さらに秋になると、紅葉のじゅうたんを敷いているような真っ赤な姿を見せてくれます。そんな祇王寺には失恋してしまった女性たちの悲しいエピソードが伝わっています。

今回は「祇王寺」の魅力について押さえておきましょう!

名前の由来となった祇王の悲しいエピソードとは

祇王寺は、法然上人の門弟良鎮によって創始された『往生院』という寺の一部でした。往生院は時代とともに荒廃していき、尼寺として残り、後に祇王寺と呼ばれるようになりました。

名前の由来は祇王という女性の失恋エピソードからきています。

祇王は『平家物語』に白拍子として登場します。白拍子とは平安時代に男装して当時流行した「今様」を歌いながら舞を舞った女性のことで、最高級の遊女のことです。

白拍子の祇王を寵愛していたのが時の権力者である平清盛です。平清盛の寵愛を受け、祇王は妹の祇女とともに、一流の白拍子として活躍していたのですが、後に平清盛は仏御前という女性を寵愛し始めます。平清盛に見捨てられた祇王は母と妹の3人で、都を捨てて尼寺に出家します。その後、仏御前も平清盛に見捨てられてこの尼寺に現れます。

祇王は自分が出家するきっかけとなった仏御前を許して、ともに、その余生をここで暮らしたそうです。その尼寺が後に祇王寺と呼ばれるようになったのです。

祇王寺は平清盛に寵愛されていたのに捨てられた女性たちの悲劇の場所でもあるのです。

見どころ「苔の庭園」

祇王寺

祇王寺の見どころといえば一面に広がる「苔の庭園」ですね!苔好きにはたまらない場所です。

竹林に囲まれた苔の庭園は一周するのに数分あればまわり切れます。しかし、苔の庭園の美しさはもう一周したくなるほど魅力的なものです。緑一色の苔しかなのに日本人の奥ゆかしさを感じられます。

苔にあまり興味がない方でもこの独特の雰囲気を感じることが出来るでしょう。

「苔の庭園」は秋になると違った一面を見せてくれます。秋には落ちた紅葉がじゅうたんのように降り積もります。その姿は京都随一の紅葉の観光名所といえるでしょう。

営業時間 午前9時~午後5時(受付終了午後4時30分)
拝観料 大人300円・小人(小中高)100円