福崎町「辻川山公園」は河童の妖怪が現れる恐ろしい公園!?

詳細マップ

テレビでも取り上げられた辻川山公園の妖怪たち!

辻川山公園

兵庫県福崎町にある辻川山公園。一見どこにでもありそうな公園ですが、休日には観光バスが止まるほど観光客であふれる観光スポットなのです!

辻川山公園がそれほど注目を集める理由は時折妖怪が現れるという不思議な公園だから!

本当に妖怪がいるのか?

辻川山公園

公園の池をのぞいてみると泡がぷくぷくし始めました。すると、

辻川山公園

池の中から妖怪が現れました!!とても恐ろしいリアルな河童の妖怪ですが、子供たちも大人たちもその姿に興味津々。

辻川山公園

そしてカッパの妖怪は何もせずに池の中に沈んでいきました。

このカッパは300万円かけて作った機械式だそうで、河次郎(がじろう)という名前が付けられています。 河次郎(がじろう)は9時~18時の間に毎時0分・15分・30分・45分おきに水中から飛び出てきます。

なぜこんなリアルなカッパが制作されたのかというと、町おこしとして作られました!
兵庫県福崎町は「遠野物語」の著書で有名な民俗学者である柳田國男の出身地で、このカッパは柳田國男の著書『故郷七十年』に登場するカッパをモチーフにして作成されました。

『故郷七十年』に登場する河童の河太郎(がたろう)と河次郎(がじろう)がモチーフとなり、この公園に生息しています!

辻川山公園

もちろん公園内には池の中の河次郎(がじろう)だけではなく河太郎(がたろう)の像も作られています。

辻川山公園

さらにはカッパだけではなく黒の天狗まで設置されています。眼光が鋭いですね!

img_7940

水中からカッパが飛び出してから5分後。なんやら小屋までが動き出しました。

辻川山公園

小屋の扉が開くと中から赤い天狗が空に浮いて現れました!

辻川山公園

これには子供たちも怖がるどころか逆に興味津々な様子!地上3mの位置につくられた「妖怪小屋」では15分おきに天狗が登場して人々を驚かせます!

辻川山公園

妖怪がいる観光スポット「辻川山公園」。ここは大人も子供も一緒に楽しめる公園です!ぜひ訪れるみてはいかがですか!

駐車場 無料有