兵庫「川代公園」は渓谷の景観が美しい丹波の観光スポット!

詳細マップ

四季折々に楽しめる「川代公園」の魅力とは!

川代公園

みなさん兵庫丹波にある川代公園を知っていますか?

川代渓谷は篠山盆地より溢れ出た篠山川によって東西4kmにわたって奇岩の続く断崖の渓谷です!春になるとソメイヨシノのサクラの観光名所として多くの人が訪れます。

川代渓谷下流には渓谷に架かる吊り橋が印象的な「川代公園」があります。総面積約6,500平方メートルの川代公園ではバーベキューやキャンプが楽しめ、春には桜、夏にはキャンプ、秋には紅葉、冬には雪景色と季節にわたり楽しめます!

今回は沢山の魅力がある「川代公園」の見どころについてご紹介いたしましょう!

渓谷に架かる吊り橋!

川代公園

川代公園の魅力の一つが、篠山川をまたぐように架けられた木製の吊り橋です!

川代公園

この吊り橋は幅1.5m、長さは90mで、この吊り橋を渡ると公園にたどり着きます。

川代公園

渓谷と吊り橋が見事にマッチしていてずっと眺められますね!

川代渓谷でみられるポットホールとは!?

川代公園

吊り橋の高さはそれほど感じないのですが、橋からの渓谷の姿がとても美しいです!

橋からの渓谷を見てみると、いたるところで大小さまざまなくぼみが見られます。このくぼみはポットホールという不思議な現象です!

ポットホールとは岩に開いた円形状の穴のことで、穴の周りで水が渦を巻いています!

どうやって穴が生まれるのか言うと、石が岩のくぼみにひっかかり、水によって石が長い間回転することで、岩に円形状の穴つくられるのです!回転した石が壁を削っていくことでだんだんとくぼみができ、大きくなっていきます!

渓谷にある大小さまざまなくぼみは、長い年月をかけた川の侵食作用の一つなのです!

川代公園

この渓谷では、たくさんの種類の石が見られるのが特徴的です!

吊り橋の上流側と下流側では石の種類が異なります!

それは川代公園には阿草断層と呼ばれる断層が走り、上流側の地層は3億年前、下流側の地層は1億1千万年前と約2億年の差があります!下流側の地層のほうがまだ新しいので、上流側と下流側では石の種類が異なるのです!

吊り橋から地層の違いが見られるのも、川代公園の魅力の一つです!

川代公園

他にも吊り橋の上では渓谷の岩石の謎をゲーム方式で楽しめます!

川代公園

回答はスマホで見られるのでぜひチャレンジしてみてください!

「丹波の黒背皮」と呼ばれる桧皮

川代公園

つり橋が架けられている両岸には「檜皮葺き」と「茅葺き」の門があります。

こちらの茅葺きの門は丹波の山々から採取して作られました。丹波の桧皮は美しい光沢と強靭さから「丹波の黒背皮」と呼ばれています!

「檜皮葺き」と「茅葺き」の門も見どころの一つですね!

川代公園のキャンプ情報

川代公園は夏になるとキャンプやバーベキューを多くの観光客が楽しめます!

渓谷で釣りや水遊びを満喫でき、無料で使用できます!使用するには予約が必要で使用日の5日前までに当申請書を提出しなけれなりません。

美しい川代渓谷するキャンプは素敵な夏の思い出になると思います!ぜひ一年を通じて楽しめる「川代公園」で自然を体感してみてください!

駐車場 無料有り/td>